フェイスラインのたるみに!リフトアップ美顔器の機能を徹底比較!

0
517

最近、鏡をみてフェイスラインがぼやけてきた、肌にたるみができてきたなんて思いませんか?横の立ち姿や後ろ姿に年齢が出たりしますが、毎日スキンケアやメイクの時、鏡で見ているあなたのフェイスラインは、引き締まってますか?アゴの下のたるみはどうですか?

鏡の前に座り見る顔では、たるんでいないように見えるかもしれません。ですが、横から見たときのあなたのフェイスラインやアゴ下、まるみが出てきていませんか?日々のセルフケアだけでは追いつかない事もあります。

そんな時のオススメは美容家電のうちの1つ「美顔器」。お家にいながらエステができるアイテム。ここでは、リフトアップに向いている美顔器の種類から@コスメランキング商品までご紹介します。

美顔器とは?

お肌の事は、プロエステティシャンがいるエステサロンに通うことで美肌を手に入れられます。ですが、サロンに頻繁に通うのには時間もお金もかかり、継続的に通えなくなってしまいます。美顔器は、エステサロンで使うマシンと同じような効果が得られるようホームケア用に開発されています。自分のタイミングに合わせてホームエステをすることができます。

美顔器には多種多様にあり、化粧品の浸透を良くする効果、顔の筋肉に働きかけるもの、ピーリング効果のあるものと各メーカーごとに効果の範囲が違います。ここでは、美顔器の種類や効果、ランキング商品までご紹介したいと思います。

自分で行うフェイシャルマッサージだけではダメ?

毎日のスキンケアでフェイシャルマッサージを行う方もいると思います。美顔器を使わなくても大丈夫だと思いますよね。もちろん、日々のケアでセルフマッサージを取り入れる事は老化防止にも良いことです。

フェイシャルマッサージの効果や注意点とは?

マッサージする事で筋肉を柔らかくほぐし、リンパの流れが良くなり血行促進、小顔効果があります。注意点としては、自己流で行う方も多く、摩擦や力加減の強さにより色素沈着やシワやたるみの原因になる事もあります。

フェイシャルと美顔器との違いは?

加齢や紫外線などの外的刺激によるたるみの改善には肌内部の顔の表情筋や細胞に働きかけ行き届かない肌奥にまでアプローチする必要があります。そういう点では、フェイシャルマッサージだけでは顔の表情筋の刺激や内部までは難しいといえます。併用して使用することで気になるたるみへのリフトアップ効果がより実感できますね。

たるみに効果を期待できる美顔器の種類

マイクロカレントタイプ

微弱電流により肌表面を刺激します。

肌表面に働きかけ、血行促進、肌代謝(ターンオーバー)を良くします。

RF(ラジオ波)タイプ

ラジオ波により熱を発生させ肌内部から細胞に働きかけコラーゲンの生成を促します。肌内部からの温感効果もあり、コラーゲンに働きかけるので、コラーゲン減少に効果的です。

EMS(低周波)タイプ

低周波により電気で筋肉を収縮させ鍛えます。筋肉の収縮させるので引き締めに効果があり、痩身マシンやスポーツされる方の治療にも使われます。

美顔器には、これらの種類のほか肌の汚れや角質除去に効果的な超音波美顔器やレーザータイプやミストタイプなどもあります。

それぞれのタイプは、機能が異なりますが、リフトアップに効果的とされています。また各メーカー毎に同時に使う化粧品なども発売されています。

自分のニーズに合う美顔器の選び方

・朝や夜のむくみ取りやリフトアップ効果の即効性が欲しい方

マイクロカレントタイプがオススメです。効果を「今」に求める方は最適。マイクロカレントは主に肌表面に効果を発揮しますが、肌の内部や細胞への働きは期待できない為、継続的な使用をオススメします。

・フェイスラインや二重アゴのたるみを引き締めたい方

EMSタイプがオススメ。筋肉を収縮させ引き締めるので小顔効果を期待できます。注意点としては、肌刺激に敏感な方はEMSの刺激がピリピリ感じるので人によっては苦手かも知れません。ですが、刺激の段階調節ができる美顔器もあるので店頭で試されるのもいいと思います。

・ハリ不足を根本からから解消したい方

RFタイプがオススメです。温感効果により肌の内部から代謝を促す事で結構も良くなりくすみも取れます。またコラーゲン細胞に働きかけるので、たるみの原因となる細胞を活性化させるので根本からたるみを解消します。コラーゲン生成には時間がいるので長期間の利用をオススメします。

美顔器はいつから始めればいい?

たるみは、加齢や紫外線、食事でも進行の度合いは違いますが、エイジングケアはほうれい線やマリオネットラインが出始める前から予防として使い始めるといいと思います。RFタイプの美顔器は細胞を活性化させますが、20代前半などの肌は細胞が元気で肌にハリがある為、購入したけど効果ないと感じるかも知れません。ですが、エイジングケアは早めに予防をしていく事で30代、40代、50代と違いがでてきます。

美顔器と一緒に使う美容液とは?

メーカーにより、専用美容液が販売されています。美顔器専用の美容液は、価格が高い場合がありますし、ネット販売している場合が多いですが注文し忘れなどもあるかと思います

自分のスキンケアで美顔器を使う事は可能ですが、化粧水ではすぐに水分が蒸発してしまうのでとろみのある美容液やジェルタイプでのお使いがオススメです。美容液を使う事で、摩擦もなくなる他、美容成分が浸透しより良い効果を発揮できます。

自分の手持ちの化粧品を使用する場合は、メーカーにより推奨アイテムが異なります。化粧水でもできる美顔器もあれば、不可の美顔器もあるので効果を実感できるようにするためにも必ず確かめましょう。

気になる美顔器の相場は?

美顔器は、高いというイメージが強いと思います。ここまで述べたように機能や効果の即効性など違いますので、価格が高いから効果があるとは一丸に言えませんね。

1万円以下から10万円近くする美顔器と幅広い価格帯ですが、2万円以下あたりの美顔器だと機能はシンプルです。高価格帯になるとマルチな機能がありたるみだけではなく、導入やピーリング、EMSとRF機能を合わせ持つ美顔器と用途が広く使える美顔器になります。

たるみ機能以外が不要な方は、シンプルな低価格の美顔器は必要ないですし、マルチに使いたい方は高価格帯の美顔器になるので、必ずしも高いから良いとはなりません。ですが、美顔器の性能より同じ機能であってもメーカーに差はあります。自分が使いやすいと思えるものが継続的に使っていけるでしょう。

オススメ美顔器Best3ご紹介!

Best1.

ReFa 「CARAT ¥23,800円税抜(マイクロカレントタイプ)」

@cosmeベストコスメアワード殿堂入り。美顔ローラーといえばReFaというぐらい有名ですよね。つまみ流すような動きでハリ肌へと導きます。防水構造でお風呂で使用する事ができ、他にも全身用なども発売されています。

Best2.

Panasonic 「RF美容器 EH-SR70 オープン価格(RF+超音波タイプ)」

水原希子さんのCMでもお馴染みの美顔器。RFと超音波の機能により、本格的なエイジングケアがお家で行えます。

Best3.

COSBEAUTY 「Perfect Radiant Lift Iron Pro ¥22,800円税抜(EMSタイプ)」

VOCE月間ランキング第1位。イオン+、イオン−、冷却、温熱、振動、EMSの6つの機能をもつマルチな美顔器です。

まとめ

美顔器について、機能の特徴やランキング商品までご紹介しました。多種多様だからこそ、迷ってしまいますが、機能の特徴を覚えておくと自分がなりたい肌の為のケアにはどの美顔器がいいか絞れると思います。

ホーム美容は、エステに通うコスパや手間を浮かすことはできますが、エステ通い同様定期的なケアをオススメします。継続的に使用できるように、自分が使いやすい美顔器を見つけて5年後10年後もフェイスラインにたるみのない肌を作りましょう!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here