30代に最適なスキンケアとは?シミを防ぐ保湿方法をご紹介!

0
232

シミができてしまうと、何だかお肌が汚れてしまったように感じ、ココロにも大きなストレスを与えてしまいますよね。

シミがある多くの30代女性は、このトラブルを美白ケアで改善できるという認識をお持ちなのではないでしょうか?

もちろん、シミには美白ケアが大切なのですが、それと同じくらいお肌を保湿することもシミを防ぐ方法となってます。

ここでは、30代女性のシミに効果的で、保湿にフォーカスを当てた方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてクリアな美肌を目指していきましょう♡

 

シミにはナゼ保湿をすることが大切なの?

美白ケアと同じくらいに、シミには保湿をすることが大切な理由、気になりますよね。

ここでは、シミのケアに保湿が大切な理由をわかりやすく解説していきますね!

 

ターンオーバーを整えてシミを予防できる

お肌が乾燥していると、古い皮脂や角質がどんどん溜まり、ターンオーバーの機能が不安定になってしまいます。

うるおいや栄養素がないお肌状態では、刺激や摩擦を受けるなどちょっとしたきっかけでもシミを濃くしたり増やしてしまうことがあります。

お肌を保湿し、うるおいや栄養補給をすることは、お肌を外的な刺激から守り、ターンオーバーのはたらきを安定化することでシミを防いでくれるのです。

 

紫外線に負けない肌質になれる

保湿を習慣にしていると、肌内部に必要な栄養素やうるおいをつねに留めておくことができます。

すると、お肌内部の細胞が活性化することで内側から紫外線に強い肌質になり、シミができにくくなっていきます。

 

シミに大切な保湿その効果を高める成分がある!

美白だけではなく、保湿もシミに大切なケアであること、納得ですね!今ではたくさんの保湿成分がありますが、シミの保湿ケアの効果をより高めてくれる成分があることをご存知でしたか?

ここでは、意外に知られていなかった成分と、お肌へのメリットについてご紹介しますね

1.リピジュア

リピジュアは、保湿成分の代表であるヒアルロン酸よりも2倍の保湿力を持つと言われています。

シミがあるお肌を再生するための細胞膜を構成するリン脂質の配合によって、お肌をうるおいのベールで包み込み、内部にまで浸透させて逃がさないはたらきを持ちます。

 

2.セラミド

セラミドはお肌のバリア機能を高める成分のため、刺激からお肌を守ることでシミの予防に役立ちます。

もともと、わたしたちのお肌内部に存在しているセラミドは、年齢を重ねるごとにどんどん減少してしまうデリケートな性質を持ちます。

そのため、セラミドが配合されている保湿化粧品を使用することは不足を補い、シミの予防につながります。

 

間違った保湿方法を知って、今後のケアに役立てよう

30代女性の方たちからは、美白と保湿ケアの両方をしていてもシミが改善されないという悩みを良く耳にします。

この理由は、間違った保湿を繰り返しているからかもしれません。ここで、シミ防止の効果が半減してしまう間違った保湿ケアについてお伝えしますね

しっとりタイプの洗顔料界面活性剤がお肌に残ったままとなり毛穴を塞ぐため、保湿成分が浸透しにくくなります。

化粧水をたっぷりとつける化粧水はどんなに多く塗っても蒸発しやすい性質を持ちます。化粧水を多く塗っても保湿効果は得られないため、乳液やクリームで油分を補うことが大切です。

シートマスクの活用シートマスクそのものは保湿作用に優れていますが、お肌に古い角質が溜まっている状態で使用してもお肌内部への浸透ができなくなってしまいます。

 

シミに効果的!保湿の基本的なステップとは

30代女性の今あるシミをできるだけスピーディーに解消するためには、正しい保湿ケアをマスターすることが大切です。ここでは、シミへの基本的なスキンケアの方法をわかりやすくお伝えしますね

クレンジング・洗顔

スキンケアの基本のステップであるクレンジングと洗顔は、メイクやお肌の汚れをしっかり落とはたらきがあります。

クレンジングと洗顔をしっかりと行うと、メイク・お肌汚れクリアになることで、次に使うスキンケア商品の浸透が高まります。

クレンジングは、古い角質やお肌に溜まったメラニンの清浄を行うはたらきを持っているため、メイクをしていない状態でもお肌のザラつきやゴワつきが気になったときに取り入れるようにしましょう。

 

化粧水・乳液・美容液・クリームの選び方

30代女性のお肌は、加齢によって若い年代よりも肌質が弱くなっています。これらのスキンケアを使用するときには、美白と保湿成分の両方がプラスされた商品をチョイスしましょう。

美白成分では、ビタミンC誘導体やプラセンタ、アルブチン、ローズマリーエキス、トラネキサム酸などがシミと保湿のW作用があります。

無添加で薬用、医薬部外品の商品は、シミや乾燥への効果効能が厚生労働省や消費者庁に認可されている化粧品となっていますので購入の際には内容をチェックしてみましょう。

 

スキンケアの仕方

30代女性のシミや乾燥を防ぐためには、適量をお肌に馴染ませ、決してこすらないことです。

お肌への浸透を高めるために、使用前は手のひらで温めて使うことがオススメ★一通りのスキンケアが終わった後は、お肌と手が密着するように感じるまでプレスを繰り返しましょう。

オールインワンジェルを愛用しているみなさんは、シミや乾燥の気になるパーツに重ね付けを行いましょう。

 

おわりに

保湿ケアがシミにとっても大切なこと、納得いただけましたか?

早め早めのケアが改善の近道になりますので、シミのないクリアな美肌を叶えるために、今日からさっそく実践してくださいね♡

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here