小鼻の吹き出物の痛い原因と治し方

女性の肌質や年代にかかわらず、小鼻の吹き出物は知らず知らずのうちにできてしまったり、できると繰り返してなかなか改善できないデメリットがあります。

ときに痛みを感じる小鼻の吹き出物があると、スムーズにメイクができなかったりと、ストレスを感じやすくなるもの。

ここでは、小鼻の吹き出物をなるべく早く改善&予防するための、知ったおきたい情報をずらりとご紹介します!

小鼻の吹き出物の症状とその原因とは?

お顔の中心にある鼻は、皮脂が過剰に分泌されたり、紫外線や摩擦などの刺激をダイレクトに受けやすいパーツでもあります。

そのため、テカりやすくてメイクが崩れるトラブルも頻繁。その理由は、他のお肌パーツよりも皮脂の量が多く、毛穴が深いことで皮脂が詰まりやすくなってしまいます。

小鼻に皮脂が詰まったまま清浄されていないと、炎症や赤みとなって吹き出物が出やすくなります。

ここで、小鼻の吹き出物の症状をチェックしてみましょう。

 

白ニキビのような吹き出物

小鼻に小さくできる白い吹き出物で、角詮のつまりが毛穴を塞ぎ、皮脂が溜まることでできてしまいます。

この原因は、ファンデーションなどのメイク汚れが、クレンジングで清浄できず、お肌に残ったままとなってしまうため。

この汚れが皮脂と混ざり、毛穴に詰まって白ニキビができやすくなります。毎日のクレンジング不足だけではなく、皮脂の過剰な分泌も大きな原因。

ライフスタイルのなかでは、不規則な過ごし方や睡眠不足、食事の栄養バランスが乱れて皮脂が分泌が過剰になってしまいます。

また、女性はカラダやココロのコンディションによってホルモンバランスが揺らぎやすい性質を持ちます。

ホルモンバランスが乱れることは、皮脂の過剰な分泌とイコールになってしまうため、生理前などに小鼻に吹き出物が出やすくなります。

 

赤いニキビと似た症状

小鼻にできた吹き出物の症状では、炎症して赤みがあり、腫れたように見えることもあります。

これは、前項でご紹介した白ニキビのような吹き出物が、さらに悪化した状態でもあります。

赤みを帯びた小鼻の吹き出物の原因は、毛穴に溜まったままとなっている老廃物・皮脂に、アクネ菌が繁殖してしまうためです。

 

小鼻の吹き出物が痛い原因は?

小鼻に吹き出物があると、無意識のうちに手で触れてしまうことが多くなります。

小鼻の吹き出物が気になって頻繁に触ってしまう、過剰に洗いすぎてしまうと、皮膚に刺激や負担を与えてしまうため、かゆみや赤みが発生し、痛みを伴いやすくなります。

また、手には多くの雑菌が繁殖しているため、触れることで痛みを伴うことが多くなるのです。

 

小鼻の吹き出物を治す方法!

つづいては、小鼻の吹き出物と、このトラブルの痛みを改善する具体的なポイントを学んでみましょう!

アクネケア化粧水を使う

たくさんのラインナップがあるニキビ専用の化粧水は、小鼻にできた吹き出物の解消にも効果が期待できます。

吹き出物の症状である、白ニキビは、状態が軽いため、化粧水のみの使用でも皮脂の分泌を安定化し、小鼻の吹き出物を早めに解消してくれます。

 

ホルモン治療という選択

小鼻にできてしまった吹き出物は、ホルモンバランスが乱れていることでできやすくなります。

ホルモン療法とは、ニキビができにくい肌質に整えたり、小鼻の根本的な原因を排除するもっともベストな治療法でもあります。

 

小鼻の吹き出物を予防したい!具体的な方法とは?

小鼻の吹き出物が解消できたら、つぎは同じトラブルを繰り返さないための、ライフスタイルでできる予防法について学んでみましょう!

 

丁寧なクレンジング

メイクの汚れは小鼻の吹き出物やニキビ、シミのもとになってしまいます。メイクをした日には、欠かさずにクレンジングを落とし、小鼻の汚れをクリアに清浄しましょう。

小鼻の吹き出物が気になるからといって、ゴシゴシ擦るクレンジングはタブー!

一般的なクレンジング剤は、洗浄力が高く、小鼻の吹き出物の原因菌をクリアに正常できるメリットがあります。

皮膚や吹き出物に刺激や摩擦を与えないため、たっぷりの量をとってクレンジングすることがおすすめです。

みなさんのメイクの濃さを観察し、マッチしたクレンジングを使うと、お肌に負担をかけず、うるおいを残しながら小鼻の汚れをクリアにすることができます。

 

泡洗顔を習慣に

洗顔料をたっぷり泡立てると、その分お肌にかかる摩擦が軽減されます。

量が多い泡は、お肌の汚れを吸着し、うるおいを与えるメリットがあるため、洗顔の仕方や泡立ての方法にも意識を向けてみましょう。

手で洗うのではなく、泡でお肌を洗うイメージが理想的ですね。

 

小鼻の保湿ケアをしよう

鼻は、うるおいが不足していると乾燥し、このトラブルを解消するために余計に皮脂が分泌されてしまい、吹き出物やニキビをできやすくしてしまいます。

お部屋が乾燥しているとき、バスタイム後などは化粧水と乳液を使って、水分と油分をバランス良く補うようにしましょう。

日中に鼻のテカリが気になる際には、ティッシュで皮脂を軽くおさえると、メイクのノリが維持できるようになります。

お肌のうるおい不足は、小鼻の吹き出物を改善するための新陳代謝を低下させてしまうため、毎日の保湿ケアを意識的に行ってください。

 

ココロの安定も大切

ストレスを抱えてしまうと、小鼻の吹き出物が悪化させてしまうホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンが優位になってしまいます。

すると、小鼻の吹き出物が悪化したり、繰り返したり、治りにくくなったりするトラブルが…。

ストレスは早め早めに解消し、好きなことをしたリラックスできる時間を設けましょう。

ココロが安定していると、女性ホルモンが優位に立ち、小鼻の吹き出物はもちろん、シミやシワなどのエイジングサインの解消・予防にもつながります。

 

生活習慣を見直そう

食事の栄養バランスの乱れや、睡眠不足、運動不足は、ホルモンバランスを崩してしまう大きな原因。

毎日の生活習慣を規則正しく過ごし、足りない栄養素はサプリメントなどで積極的に補うようにしましょう。

小鼻の吹き出物に期待度大!おすすめの化粧品3選

さいごに、小鼻の吹き出物を治し、健やかな美肌へとアプローチするおすすめの化粧品を、厳選して3つご紹介しますね!

それぞれの特徴と、小鼻改善へのメリットをじっくりチェックし、みなさんにマッチした逸品を見つけてください。

①ビーグレン

 

はじめにご紹介するビーグレンは、最先端テクノロジーを採用した今までにはなかった化粧品。

お肌のターンオーバーを整えて、小鼻の吹き出物をスピーディーに修復したり、有効成分がお肌内部にしっかり浸透するため、トラブルを改善が早いと話題です。

ビーグレンは、お肌に浸透すると、小鼻にできた吹き出物を修復するためにターンオーバーが活性化します。

そのため、小鼻にできた吹き出物はもちろん、赤みを帯びたニキビやニキビ跡、色素沈着の改善にも有効。

ビーグレンは、お肌表面にとどまらず、深部にまでしっかり浸透するため、他の化粧品と比べても、早めに小鼻の吹き出物を解消できるメリットがあります。

②プロアクティブ

デリケートで揺らぎやすい日本人のお肌に着目して製法されたプロアクティブ。

吹き出物の解消にもっともベストな化粧品として、メディアでも注目を集めています。

プロアクティブには、小鼻の吹き出物に特化された有効成分が、毛穴の奥にまでしっかり届く、独自の新技術、スマートターゲットテクノロジーが採用されています。

このアプローチで有効成分が磁石のように毛穴に密着し、小鼻の吹き出物の原因菌を絡めとりながら清浄します。

を安定化させることで、吹き出物の原因となる過剰な皮脂分泌を防ぎ、バリア機能を高めることで、このトラブルが起きにくい肌質へと強化してくれます。

③ファンケル

ファンケル(FANCL) アクネケア ジェル乳液<医薬部外品> 1本 18g

ファンケル(FANCL) アクネケア ジェル乳液<医薬部外品> 1本 18g

1,160円(12/17 09:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

愛用者が多く、信頼と実績のあるブランドとして安心のファンケル。小鼻の吹き出物にも効果が期待できるファンケルアクネケアは、お肌を外部の刺激や摩擦からガードするバリア機能を高め、繰り返しできてしまう小鼻の吹き出物を改善・予防します。

小鼻の吹き出物解消の有効成分であるソヨウ・トウニン・シャクヤクと3つの漢植物エキスが、小鼻の吹き出物をいたわり、うるおいを与えながら内側からもケアをします。

お肌にやさしく、自然由来の成分である甘草という抗炎症作用成分がプラスされているので、できてしまった小鼻の吹き出物の痛みを鎮静する効果もあります。

 

小鼻の吹き出物の原因と対処法~おわりに~

小鼻に吹き出物ができてしまっても、原因と効果的な対策、ベストな化粧品をチョイスすることで、このトラブルが改善・予防できることがわかりましたね。

目立つ小鼻の吹き出物は、お顔の印象も変えてしまうデメリットが…。お肌に跡となって残ってしまわないよう、早め早めのケアを心がけたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。