顔にできたシミの取り方と効果のあるクリーム化粧品

いつの間にか出現しているシミ。シミを消したいと日々お手入れしていても、そのお手入れ方法で大丈夫ですか?

美白ケアは万全でも、日頃の習慣で悪化させてる場合もあります。まずは、自分のシミを知り悪化させない習慣を知る事で、より効果的に理想の肌はと近づきます。

シミやくすみのない理想の肌を手に入れ自信に満ちた自分でいるために、ここでは、シミについてやってはいけない習慣からオススメ美白美容液や美白クリームをご紹介したいと思います。

シミを消したい、美容医療によるシミ取りを考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

シミができるメカニズム

毎日鏡を見ているのに、いつの間にか顔にできていた。なんて事もあるのではないでしょうか。

そもそも「シミ」ってどうやってできているのかご存知ですか?まずは、女性の天敵「シミ」のメカニズムを紐解きましょう。

シミが出来る原因とは?

シミとは、皮膚の中で生成されるメラニンの色素沈着によるもの肌が紫外線を浴びると日焼けをするというのは、誰もが知っている話。

通常は、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)によりメラニンは剥がれ落ち、肌表面にシミとしてメラニンが残るなんて事はありません。

ところが、紫外線はその瞬間の日焼けだけではなく体内に蓄積されていきメラニンが過剰に働きだし、ターンオーバーが乱れるとメラニンが排出されず肌に停滞してしまいます。肌表面に現れ停滞してしまうと「シミ」として私達は気づきます。

MEMO
シミは肌のターンオーバーの乱れが原因!

若い10代や20代前半は、ターンオーバーも正常であり肌表面の古い角層が剥がれ落ちるのでシミに悩むなんて事は少ないです。

ところが、早い方は20代後半、30代からとターンオーバーのサイクルが乱れたり遅れ始めたりするので、うっすらシミにできている事に気づき始めます。

また、シミの大きな原因は紫外線ではありますが、食事や肌への摩擦などシミとなる要因は多々あります。

シミには数種類ある?!

ひとことでシミと言っても実は色んな種類があります。先天性のシミから紫外線や加齢によるものなど。代表的なシミの種類をご紹介します。

老人性色素斑

紫外線を長年浴び、年齢とともにあらわれる「丸く輪郭がハッキリした茶色シミ」。1番多く見られるシミです。

ソバカス

目の下やほお骨などに見受けられ「小さくポツポツと左右対称にできるシミ」。遺伝的要素も多いですが、さらに紫外線を浴びる事でさらに濃くなります。

炎症系色素沈着

脱毛、ニキビなどが原因で「炎症が起こり赤茶ぽっく色素沈着のシミ」また摩擦でもおき、花粉症の方は肌をこすり過ぎてできる場合もあります。

肝斑

ほお骨のあたりや、おでこ、あご下にもできたりする「左右対称にできる輪郭がもやっとしたシミ」。ホルモンリズムの乱れや、妊娠や出産、婦人系の病気によりできる場合もあります。

シミをできやすくする悪習慣

何気に過ごす日常の中で、知らず知らずのうちにやってしまっている行動が、シミをさらに誘発する原因となることもあります。

シミを消したいと日頃から化粧品に気を使っていても、意識せず過ごす日常で台無ししている場合もありますので、当てはまる事はないかチェックしてみてください。

スキンケアのお手入れの仕方に問題

朝晩と化粧品でお手入れするやり方にも注意が必要です。洗顔から化粧水や美容液など、ついつい雑につけているのは逆効果です。

せっかく美白化粧品を使っていても、洗顔ゴシゴシ、化粧水バシャバシャと叩き込んでは肌への刺激や摩擦により肌が炎症を起こしてしまいます。

関連記事:シミを防ぐ保湿方法

柑橘類を朝、多く摂っている

美肌を意識する方は必ず摂っているビタミン類。ですが、柑橘系にはソラレンという成分があり光毒性があります。たくさん食べた後に紫外線を浴びるとシミをできやすくしてしまいます。柑橘類なら夜に食べるのがオススメです。

関連記事:シミに効くサプリメント

睡眠不足やストレス

仕事によるストレス、睡眠不足など少なからずともある日々のストレス。なかなかストレスフリーは難しいかもしれませんが、ストレスにより通常の3倍ほどの活性酸素が発生し肌内に炎症がおこり、メラニンを生成するメラノサイトを刺激しシミやくすみの原因となります。

美白化粧品の力を借りる

うっすら現れ始めたシミや、まだ肌内部に潜んでるシミを悪化させない為に、美白有効成分が配合された美白化粧品を活用しましょう。

「美白」と書かれた製品を選ぶ

「ホワイトニング」と「美白」と書かれてる化粧品には違いがあります。「美白」には、厚生労働省が美白に効果があると認めた成分が配合されていて医薬部外品です。ホワイトニングには具体的な効能はかけず、効果は未知数。確実さをとるなら美白と記載されたものをオススメします。

シミを取り除くには?

濃いシミを消すには、美容医療のプロの手を借りるのも1つの手です。濃くなってしまったシミは化粧品だけでシミ消す事は不可能。そんな濃いシミ取りにはプロによる施術を受け、シミの悩みとサヨナラし美肌に整えてみてはどうでしょう。

またシミができる前の予防として、ピーリングやくすみにアプローチす施術メニューだったりと、たくさんの美容医療メニューがあります。金銭的に余裕のある方は、日頃の美白ケアしながらメンテナンスとして美容医療を利用するといいと思います。

色白さんの共通点とは?

色白な肌を常に保っている人の共通点を知り、取り入れることで少しでも色白肌に近づくかも知れません。どんな共通点があるのかみていきましょう。

保湿を重視している

秋冬の乾燥の時期だけではなく、1年通して保湿を心掛けています。肌は乾燥しているとシワ、シミ、たるみと全ての原因となってしまうので、保湿はスキンケアをする中で、とても重要です。潤った肌は、紫外線を浴びてもシミとして残りにくい肌を作り、シミを消したい薄くしたい方は美白成分だけではなく保湿成分などにも注目すると良いでしょう。

定期的に角層ケアをしている

肌の生まれ変わりターンオーバーは、年齢と共に乱れがちになり、肌表面の角層はザラつき、ごわつきがおき、シミのない透明感のある肌ではなくなってきます。

また紫外線を浴びても肌はごわついてきます。そこで、定期的に肌表面の角層ケアのピーリングを行うことで、柔らかい肌へと導き化粧水などのスキンケアの浸透を良くすることで、スキンケアの効果をより実感できる肌となります。

ピーリングだけでは、シミ取りはできませんが角層ケアをする事で透明感を実感できます。ピーリングは、毎日行うのではなく週1、2回のペースでお手入れし、摩擦で肌に負担のかけないように優しくお手入れしましょう。

肌への負担を最小限に!摩擦に気をつけている

洗顔や化粧水、メイクと肌に触れる機会は多いですが、注意したいのが「摩擦」。摩擦は肌ストレスとなり、シミとなる原因になったりもします。

また、シミの部分につける美白美容液などシミを消したいからと擦り込んだり、擦りすぎると、シミ部分のメラニンは刺激を受け更に濃くなってしまうので気をつけましょう。

美白ケアは長期戦と肝に命じる

エイジング、乾燥、美白と肌悩みはさまざまですが、その中でも美白は効果を実感できるまで時間がかかります。すでにシミのある方は、数日でシミが薄くなる、消えるといったことは難しい為、美白美容液を使ったけど効果がないからやめてしまうのではなく、美白美容液を使い切り肌の生まれ変わりが行われるまで毎日ケアを行いましょう。

また、美白美容液や美白化粧水は使い続けるからこそ、シミ予防ができシミを改善していく事ができるので、気長にお手入れをしていきましょう。

シミがポロッと剥がれると話題になったクリームもありましたが、クリームを塗るだけではシミはポロッとは取れません。美白としては有効成分もありますので、美白美容液として使うことはできますが、化粧品でシミが剥がれるなんてことはないので長期戦なのだと腰を据えてお手入れしましょう

日焼け止めだけではなく、日傘など活用する

日差しが強くなる夏は、日傘や手袋を活用し直接肌にあたる紫外線をシャットアウトしましょう。日焼け止めさえ塗れば安心と思いがちですが、うっかり日焼けやうっかりシミに多いのは、日焼け止めのムラ塗りや塗り残し。紫外線は浴びると、肌内部に蓄積され将来のシミの原因になります。蓄積されるメラニンを増やさない為にも、日傘や手袋を活用しましょう。

シミを消す化粧品

POLA「ホワイトショット(医薬部外品) シリーズ」

ホワイトショットCXS(全顔用)25ml ¥14,000・ホワイトショットSXS(部分用)20g ¥12,000

肌の奥のメラノサイトの移動が停滞し、シミ、くすみの原因になる事を業界で初めてポーラが発見。ポーラオリジナルの複合エキスを配合し、頑固なシミに美白ができる美白美容液。

みずみずしいテクスチャーの全顔用、コックリとしたクリームの部分用と2種類あります。すでにできてしまっているシミ消しには、シミ部分に有効成分がとどまる部分用のSXSがオススメです。

\\POLAの人気シリーズ//

POLAホワイトショット公式サイト

DECENCIA「サエル(医薬部外品) シリーズ」

ホワイトニングローション コンセントレート 125ml ¥5,000・ホワイトニングエッセンス コンセントレート 36ml ¥7,500 ホワイトニングクリーム コンセントレート 30g ¥5,500

敏感肌、乾燥肌の方のためのディセンシアの独自技術、最先端技術で世界をリードするポーラ研究所の研究力から誕生した「サエル シリーズ」。ストレスからくるシミにもアプローチをし、肌のバリア機能も強化しシミだけではなく、赤・黄・青などあらゆるくすみにも効果を期待できます。ゆるぎやすい肌も透明感のある美白に導きます。

\\サエルお試しセットたったの1,480円//

サエルお試しセット

関連記事サエルの詳細について

米肌「澄肌美白(医薬部外品) シリーズ 」

澄肌美白ふきとりクリアエッセンス 120ml ¥4,000・澄肌美白化粧水 120ml ¥5,500・澄肌美白エッセンス 30ml ¥8,000

米由来の保湿成分と発酵の力により、内側から発光したような透明感のある肌に導きます。肌表面はスベスベなのに、しっかり保湿をするので1年中使え角層をなめらかに整えます。

\\KOSE人気商品たったの1,389円//

米肌お試しセット

シミを薄くする方法のまとめ

40代に入ると多くの方が悩み始めるシミ。日頃やりがちな習慣や、スキンケアでの注意すべき事を理解しておくと、より早く美白化粧品の効果も実感できるようになります。

長期戦になるシミケアですが、毎日お手入れをし継続こそが、シミのない肌を作る近道です!

毎日のケアや効果的な美白アイテムで、誰もが羨む透明感に満ちたシミのない肌を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。