夏より冬の方が痩せる?!代謝をアップ(上げる)させる食べ物とは?

「冬は夏よりも太りやすい!」と思っていませんか?しかし実は、冬は夏に比べてはるかに痩せやすい季節なのです。

それではさっそく、夏より冬の方が痩せやすいといわれる理由や、代謝をUPしてくれる食べ物について詳しくご紹介していきましょう。

夏より冬の方が痩せやすいって本当?その理由を解説!

夏は汗をかくことが多いですが、冬はあまり汗をかきません。たったそれだけのことで、「冬は痩せにくい」と思い込んでいる人は意外なほど多いものです。

しかし、少し視点を変えると、冬こそ痩せやすいシーズンであるということが分かってきます。

 

冬は夏に比べて太りやすいと思われているのはなぜ?

冬は夏に比べて肌の露出が少なくなりますから、「着ている物でボディラインを隠せる」と思いがちです。

そして体のラインに対する緊張感がゆるみ、「痩せよう!」という気持ちが薄れていきます。

また、寒くなると外出することが面倒になり、体を動かす機会が減っていきます。さらに冬といえばクリスマスパーティーに忘年会、新年会など、美味しいものをたっぷりと食べる機会が多くなる時期でもあります。そのため、「冬太り」という言葉があるほど、冬は太りやすい季節だと思われているのです。

 

ダイエットをするなら基礎代謝量が増える冬がオススメ

私たちは何もしていない状態でも生命を維持するために呼吸をし、内臓を動かしてエネルギーを消費しています。この生きるために必要なエネルギー消費のことを基礎代謝といいます。

そして人の体は常に体温を一定の温度にキープしようとする生き物です。外気の温度と体温の差がより大きくなる冬ほど、体温を上げるためにより多くのエネルギーが消費されるようになります。

つまり、基礎代謝量が増える冬ほど痩せやすい=ダイエットに向いているといえるのです。

 

冬に効率よく痩せる!代謝をUPさせる食べ物5

夏に比べて冬のほうが、基礎代謝量が増えるため痩せやすいとお伝えしました。
しかし、いくら痩せやすいからといっても、カロリーの高い食べ物ばかりを摂取していれば当然、太ってしまいますよね。

ということでここからは、効率よく代謝をUPさせてくれる食べ物についてご紹介していきます。

関連記事:ダイエットに効くグルテンフリーの食材とは?

ダイエットに効くグルテンフリーの食材とは?

 

しょうが:体を内側からポカポカにしてくれる

しょうがは漢方薬や薬膳にも使われ、中国では冷え性や風邪を予防する民間薬として広く親しまれています。保湿作用や発汗作用にすぐれ、代謝をUPするのに最適な食べ物といえます。

また、しょうがの皮に多く含まれている「ジンゲロン」という成分は新陳代謝を活発にし、「ショウガオール」という成分は胃液の分泌をうながし、消化や吸収をサポートしてくれます。油に溶けやすい性質を持っているので、炒め物に使ったり、オイル漬けにしたりするのも良いでしょう。

 

にんにく:全身の血流を改善してくれる

にんにくに多く含まれている「アリシン」という成分が、糖の代謝をスムーズにしてくれます。そして体を元気に動かすために必要なエネルギーを生み出してくれるビタミンB1と結びつき、疲労の回復スピードを早めてくれます。

また、「スコルジニン」という成分が毛細血管を拡張し、全身の血流を改善してくれます。新陳代謝が活発になることで肌が生まれ変わるスピードも上がり、肌荒れの改善効果も期待できます。

 

ねぎ:血行を促進して体を温めてくれる

血行の悪さから起こる冷え性や肩こりを改善し、代謝を上げてくれる「硫化アリル」が含まれているねぎも、痩せ体質を目指すためには欠かせない食べ物です。また、硫化アリルは血液をキレイにして血糖値を下げる作用も持っています。

ですからねぎは、つい食べすぎてしまいやすい冬に最適な食べ物といえるでしょう。また、冬は特にねぎの栄養価が高まりますから、ぜひ積極的に摂取していきたいですね。

 

とうがらし:辛み成分が代謝アップのカギ

代謝アップのカギをにぎるのは、とうがらしの辛み成分である「カプサイシン」です。

カプサイシンが体の中に入るとアドレナリンが分泌されます。アドレナリンは脂肪を分解してくれる酵素、リパーゼの働きをサポートしてくれるためダイエットに効果的といわれているのです。

また、寒い冬は体が体温を維持しようとしてエネルギー消費が多くなり、体力の消耗も激しくなります。そんな時にもカプサイシンが効果的です。血行を良くして体内の疲労物質の分解を早めてくれますよ。

 

たんぱく質:筋肉量を増やして代謝アップを狙おう

肉や魚といった動物性たんぱく質や、大豆などに含まれる植物性たんぱく質は、代謝アップに欠かせない質の良い筋肉を作るために必要な成分です。赤身のお肉や魚介類、卵、牛乳やヨーグルト、豆腐や納豆をバランスよく毎日の食生活に取り入れていきましょう。

とはいえ、毎日大量のお肉や豆腐を食べ続けるわけにはいきません。たんぱく質の含有量を計算するのも面倒ですよね。そんな時は市販されているプロテイン(たんぱく質)パウダーを使うのもひとつの方法です。

 

まとめ:代謝をUPさせる食べ物を活用して上手に冬痩せしよう

ここまで、夏より冬の方が痩せやすいといわれる理由や、代謝をUPさせて効率よく痩せ体質へと導いてくれる食べ物についてご紹介してきました。冬こそダイエットを成功させる絶好の季節です!夏に向けて、さっそく体を引き締めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。