辛い物を食べるとなぜ下痢や腹痛が起きるのか?治し方をご紹介

カレーや多国籍料理など、スパイスの利いた料理はみんながダイスキな食べ物でもあります。

そんな中、このような食事が好きなのに、食べると下痢や腹痛などのトラブルが起きてしまう悩みを持つ人が多く、対処法が気になるところ

ここでは、辛いものを食べるとナゼお腹のトラブルを起こしてしまうのか、意外に知られていなかった原因や対処法をわかりやすくご紹介していきます!

辛いものを食べるとどうして下痢や腹痛に?

さっそく、辛いものを食べて下痢や腹痛などのトラブルに悩む人に、知っておきたい原因をレクチャーしていきます。

 

胃酸が出すぎていることが原因

辛いものを食べて下痢や腹痛を起こしてしまう人は、胃酸が過剰に分泌されている体質にあるようです。

辛い食事には、カプサイシンといった辛味成分が多く使われ、カラダの中に過剰に吸収されてしまうことで胃酸がたくさん出てしまいます。

もともとは、食べ物をスムーズに消化するはたらきを持つ胃酸なのですが、出すぎてしまうことで胃の粘膜を痛め、お腹のトラブルにつながってしまうのです。

カプサイシンという辛み成分は、わたしたちの体内では消化されない性質を持っています。

消化できない物質が体内にとどまってしまうと、消化不良につながり、下痢や腹痛になってしまうことがあります。

辛い食事を避けることは難しいのですが、カラダのコンディションを観察しながら摂取することを習慣にしてみましょう。

 

辛い食品は胃腸を刺激しすぎる

スパイスが利いた食事の多くは、胃腸や胃腸の粘膜をダイレクトに刺激してしまう性質を持ちます。

その刺激が胃と腸に大きなダメージを与えてしまい、食べたものがスムーズに吸収・消化されないことによってお腹が痛み、下痢になってしまうことがあります。

関連記事:糖質ダイエットで便秘になる原因とは?

糖質制限ダイエットで便秘になった?!理由と改善方法とは?

辛い食べ物で腹痛!トラブルの対処法は?

辛い食べ物を食べた後、下痢や腹痛に悩まされても、効果的な対処法がわからないままに過ごしている方は多いのではないでしょうか?

ここでは、そのトラブルを少しでも緩和できる効果的な対処法をご紹介していきます。

 

牛乳の摂取で痛みが緩和される!

辛いものを食べてお腹のトラブルが起きたとき、牛乳をはじめとする乳製品の摂取は、比較的早い解消ができるといわれています。

牛乳などの乳製品には、タンパク質の一種であるにはカゼインが含まれ、辛み成分のカプサイシンと結合し、その刺激をやわらげてくれるはたらきを持ちます。

乳製品には、摂取をすると胃の粘膜に貼りつく性質があることから、過剰に分泌された胃酸の刺激から胃をいたわり、守る効果も期待できます。

 

お茶やコーヒーで腹痛緩和!

辛いものは好きでも、牛乳が苦手で対処ができない場合、お茶やコーヒーでもお腹のトラブルを解消できるといわれています。

その理由は、コーヒーやお茶に含まれるタンニンという成分に、整腸作用が認められているからなのです。

コーヒーや緑茶のタンニンは、下痢や腹痛を緩和するための対策はもちろん、辛みそのものを中和するはたらきで、お腹の痛みをおさえることにもつながっていきます。

さらにカラダへの吸収がスピーディーなタンニンは、辛いものを食べた後に気になる口臭予防にも役立つため、摂取することでたくさんのメリットを実感できます。

 

効き目の高い胃薬の特徴をご紹介!

辛いものを食べ、お腹のトラブルに見舞われてしまったとき、やはり医薬品である胃薬には、即効的な効果があるといわれています。

ここで、腹痛や下痢に効果の高い胃薬の特徴をご紹介しますね!

過剰な胃酸の分泌を中和しながら腹痛を和らげる「制酸薬」タイプ

胃酸の分泌を必要以上に分布させない「H2ブロッカー」タイプ

胃の粘膜をいたわり、保護しながら痛みを押さえる「胃粘膜保護薬」タイプ

辛いものを食べて腹痛や下痢になってしまいやすい方は、この特徴にポイントをおいて、自身に合った胃薬を服用するようにしましょう。

 

辛い食べ物で腹痛を治すには漢方が良い!?

毎日を忙しく過ごすわたしたちは、お付き合いなどで辛い食事を食べることも少なくはありません。

でも、すべての人が辛い物を食べたら下痢になるわけではありません。下痢になるのは体質によっても大きくことなります。

下痢や腹痛のトラブルを未然に予防でき、体質を改善していくためには、漢方薬の服用もオススメです。

漢方薬の大きな魅力ポイントは、その場のみに対処するのではなく、辛いものを食べた際にお腹のトラブルが起きやすい体質そのものを根本からの改善できることにあります。

漢方薬の基本的な効能は、体質改善が多く、はじめに不快な症状を抑えながら、その後には、トラブルが起きにくい体質への改善サポートをします。

古くから親しまれてきた生薬を用いて、カラダにやさしい製法がされている漢方薬は、下痢や腹痛などのトラブルを取り除きながら、健康な胃腸へと変えてくれる効果が期待できます。

そのため、辛いものを食べて腹痛になりやすい人みんなにベストな薬となっています。

下痢におすすめな漢方サプリ

下痢に悩まされている方には漢方サプリの黒梅日和がおすすめ!

黒梅日和は梅肉エキス、紫ウコン、アロニアエキスなどの成分が入っており、乱れた食生活を改善させてくれるサプリなのです。薬ではないので、副作用もまったくありません。

今なら全額返金保証付きで、実質無料で試すことが出来ます!試してみて、効果がなければ、そのまま返金してもらえるので、一度ぜひ試してみてください。

\\全額返金保証付き実質無料//

黒梅日和公式サイト

 

辛い物を食べるとなぜ下痢や腹痛が起きるのかのまとめ

辛いものを食べて下痢や腹痛になってしまう原因、効果的な対処法をお知らせしてきました。

ベストなのは自分に合った漢方薬の服用であることがわかりましたね!美味しくスパイシーな食事をいつも楽しめるよう、さっそく体質改善のノウハウを身につけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。