細身ダイエットの効果はどれくらい持続するのか?

0
344

かつてダイエットとは健康のために、太り過ぎた人が普通体型を取り戻すために行われてきました。

しかし現代ではそんなに太っていなくても、「モデル体型」を目指して細身ダイエットを行う女性が増えてきています。

全身がスラッとしているモデルは誰もが憧れを抱きますよね。

そんな細身ダイエットの効果はどのくらい持続するのか?細身ダイエットの方法とは?気になる疑問を解説します。

1.細身ダイエットとは?

細身ダイエットはモデルのような綺麗な外見のため、ルックス重視で行われる全身ダイエットです。

よく間違えられるのが「ただ体重が軽ければいい」や「ガリガリに痩せていればいい」という認識です。食事を摂らずに不健康に痩せる(やつれる)のはダイエットとは言えません。

ある程度引き締まった体と程よい体脂肪は必要です。体重が軽くても二の腕やお腹にタプタプのお肉が付いていると細身とは言えないので、軽い筋トレで全身に程よい筋肉をつけるのが理想的なのです。

また女性らしさを磨くためには、ふわっとした印象を与えるために体脂肪も落としすぎてはいけません。程よく体脂肪がついていながら、ボディラインは整っており華奢で綺麗なシルエットでいること、これを目指すための細身ダイエットです。

 

2.細身ダイエットは維持が難しい

言葉で表すのは簡単ですが、実は維持するのがとっても難しいのが細身ダイエットです。

筋トレをし過ぎると華奢な体とは遠のいてしまいますし、体脂肪を落としすぎるとガリガリになり女性らしさが無くなります。また無理なダイエットをするとストレスが溜まり、その反動ですぐリバウンドしてしまうでしょう。

バランスのとれた綺麗な細身の体は、手に入れることも持続することも地道な努力が必要です。

 

3.細身ダイエットの方法とは

まず細身ダイエットをするための方法を紹介します。全てをいきなり始めるのは難しいかもしれませんが一つずつ実施していくといいですよ。

・食事の管理・制限

ダイエットにおいて食事は一番重要です。最初に、絶対に「食べないダイエット」はしないでください。必ずと言っていいほどリバウンドします。

まずカロリー計算を始めて、カロリーを摂取し過ぎないように意識してください。

ちなみに女性の1日の基礎代謝の平均は以下の通りです。

 1829歳 1180kcal

 30~49歳 1140kcal

 50~69歳 1100kcal

上記は「何もしなくても消費するカロリー」なので、日常でよく動き回る人や立ち仕事の場合はもっと代謝は上がります。ある程度の目安としてください。

運動量が普通であれば11200kcalの摂取を目標とすれば綺麗に痩せられます。

食事で気を付ける点としては、良質なたんぱく質を摂取することです。程よく筋肉をつけておくために必要になります。肌細胞の元にもなるので美肌を目指して綺麗に痩せるためにも必要不可欠です。

タンパク質が摂取できる肉や魚、大豆製品、乳製品などを意識して摂り入れましょう。また体の修復や機能向上に必要なビタミン・ミネラルは野菜や果物から摂取してください。

炭水化物は完全に抜く必要はないですが量を抑えるようにしましょう。ご飯やパンを半分にして、野菜やタンパク質を多めにします。

・筋トレ

筋トレは無酸素運動なので体脂肪はほとんど燃えません。しかし筋肉量が増えるので代謝がアップします。日常生活を送るだけでもカロリー消費が増えて脂肪燃焼が促されます。細身のため程よい筋肉をつけるためには軽い筋トレが必要です。

腹筋、腕立て伏せ、スクワット、体幹トレーニングなどの筋トレを週3~4日ほど行いましょう。毎日行うと筋肉の修復時間がなくなり筋肉増量がうまくできません。筋トレを行う曜日を決めておくといいですね。

・有酸素運動

ジョギングやサイクリング、水泳などの有酸素運動は、エネルギーを燃やす酸素を取り入れながら行うので脂肪が燃焼しやすいです。時間を区切りながらでも良いので長時間行うことが効率アップに繋がります。

走ったり泳いだりするのが苦手という人は、踏み台昇降やエアロビクス、ダンスやヨガでもOK。天候に左右されず家の中で行うことができますし、人目が気にならないのもメリットですね。

・細身エステ

運動や食事制限を頑張っているのに、気になる部分がなかなか痩せない!太ももや二の腕をもっと細くしたい!と部分痩せや引き締めを願う女性には細身エステという方法もあります。

ただし費用は1回数千円~、コースになると数万~数十万円になることも覚悟してください。

痩せたい部分をマッサージをして血行促進やデトックス、代謝アップなどで脂肪燃焼しやすい状態にします。さらに細身効果をアップさせるために特殊なマシンを使うエステでは、皮下脂肪に直接アプローチする「キャビテーション」や、セルライトケアに効果的な「ラジオ波」などが使用されることもあります。

・十分な睡眠

綺麗に痩せるためには十分な睡眠が必要です。

人は質の良い睡眠をとっているときに成長ホルモンが分泌されます。子供の成長のために必要なホルモンと認識されていますが、実は大人になっても分泌されているのです。

成長ホルモンには脂肪分解作用があります。またぐっすり眠ることで1300kcal消費できます。逆に睡眠不足であればカロリー消費も減ってしまうのです。

また成長ホルモンはアンチエイジング効果があり、肌のターンオーバーを促進するので綺麗な美肌をキープしながら痩せることができるでしょう。

・水分補給

細身ダイエットをするなら水分摂取も意識しましょう。スタイルが良い人はジュースやコーヒーではなくミネラルウォーターを飲んでいるイメージはありませんか?

実は水分を摂取することで、血行を促進したり消化吸収をサポートしたり、デトックス作用を高める効果があるので代謝が上がります。

綺麗に痩せるためにはこまめに水分補給をして、11.52リットルは飲むようにしましょう。

・正しい姿勢

スリムな人は常に背筋がピンとしていて正しい姿勢でいますよね。

猫背や足組み、肘をついた座り方など、乱れた姿勢では背骨や助骨、骨盤が歪んでしまいます。すると内臓の機能が低下して代謝が下がり、太りやすい体を招くのです。

猫背や反り腰を改善して、座るときには足を組まないように意識しましょう。正しい姿勢を心がけるだけで基礎代謝が1.11.2倍程度にアップします。

 

4.結局どれくらい持続できる?

 

上記で紹介したような細身ダイエットを実践して効果があったとき、結局どのくらい持続できるのでしょうか?それはダイエットにかけた時間やその後の意識によって変わってきます。

・時間をかけて痩せたなら持続できる

数か月~1年くらいの長期間に及んでゆっくりじっくりダイエットを実施した場合は、体がその生活に慣れているので持続しやすいでしょう。

筋トレを長い間行ったことで程よい筋肉がついて、余分な皮下脂肪や体脂肪が増えずに引き締まった体をキープできます。

また長期間の食事に対する意識改善で、自然と体がジャンクフードやスナックなどを避けているでしょう。体に良いものを摂り入れて体型をキープしていたいという気持ちが大切です。

ゆっくり痩せたので体への負担やストレスもほとんどなく、反動でリバウンドする可能性も低いです。日々の運動や水分摂取、綺麗な姿勢、十分な睡眠を意識し続けることで、細身ダイエットの効果はいつまでも保つことができます。

・短期間に痩せたなら持続が難しい

逆に数週間~1か月ほどの短期間で一気に痩せた場合は持続が難しいです。激しい運動は長続きしませんし、厳しい食事制限で食べたいものを食べられないストレスは溜まる一方。

たとえ2週間で目標体重に達したとしても、その後の反動でリバウンドまっしぐらでしょう。第一そんな短期間で綺麗な細身に生まれ変われたとも考えにくいです。恐らく、持続できたとしても1か月維持できるかどうかでしょう。

 

5.3か月維持すれば成功といえる

よくダイエットは痩せてから3か月その体重をキープしなさいといわれます。

それはやはりキープするのが難しいからです。痩せたからといって以前と同じ生活・食事に戻せば体型も体重ももちろん戻ります。

細身ダイエットを実践して達成したとき、次はその体重と体型を3か月キープすることを目標にしましょう。そうすれば細身ダイエットの効果をさらに伸ばすことができます。

この2段階での目標を設定しておけば、自動的に「効果が3か月は持続する」という結果にもなります。

短期間で痩せた人も、それを維持する新たな目標達成を目指して細身ダイエットの効果を持続してください。

 

6.まとめ

細身ダイエットはそんなに太っていない人がさらにスリムなボディを目指して行うダイエットです。持続するのは並々ならぬ努力が必要になりますが、ダイエットの意識を習慣化すればそれほど辛いものではありません。

厳密に「効果が〇か月持続する」ともハッキリ言えないのがダイエットです。それを踏まえて、あなたの細身ダイエットはこの先ずっと続くように意識を変えましょう。日々の生活で痩せやすい体を作ることが効果持続の秘訣です。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here