美容に特化した美容鍼灸が注目されている理由は!?

0
73

鍼やお灸を使って行う「鍼灸」。東洋医学の1つして長い歴史と世界保健機関に認められた鍼灸。この分野で美容に特化した「美容鍼灸」は、健康だけではなくエイジングケアとしても注目を浴びています。肌本来の持つ力を最大限に引き出す美容鍼灸の施術は目に見える違いがわかります。美容に特化した美容鍼灸の効果についてご紹介したいと思います。

美容鍼と美容鍼灸は違うの?

美容鍼灸では、「美容鍼」と「美容鍼灸」という2種類の言葉を見かけます。クリニックやサロンによって、美容鍼と美容鍼灸と違いがあります。「灸」と付けられているサロンやクリニックでは、お灸も扱うことから「美容鍼灸」と謳っている所が多いようですね。

美容鍼は、「びようしん」「びようばり」「びようはり」など様々な呼び方がされていますが「びようばり」が幅広く使われているようです。

※ここでは、鍼もお灸も両方の施術について、ご紹介していきたいと思いますので「美容鍼灸」とします。

美容鍼灸のメカニズムは?

お顔に鍼!?お灸!?と思うと少し怖いかもしれません。鍼灸に馴染みのない多くの方は、鍼と聞いて浮かぶのは、縫う針や注射針だと思いますが鍼灸で使われる鍼は、一般的に多く使われる和鍼は太さ0.14mm〜0.33mm程、長さ30mmからと注射針と比べると一目瞭然です。また中国の鍼は0.46mmが多く使われる太さと言われていますから、日本の鍼灸は痛みを感じにくく施術が初めてな方でも受けやすいと言えます。

では、なぜ鍼灸が美容効果をもたらすのか。私達の皮膚の構造は3つの層に分かれています。肌表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」となっており、普段私達がスキンケアでお手入れしているのは、「表皮」にある角層の部分に化粧水などをつけています。角層から浸透していくわけです。

鍼灸での鍼は、表皮から真皮に鍼をさすことにより、細胞に刺激を起こさせます。肌本来がもつ自然治癒力の働きを利用し刺激を与えることで、鍼により刺激を受けた細胞は修復しようと新陳代謝を活発にしセラミド、コラーゲン、エラスチンといった成分が生成促進されます。日頃行うスキンケアのように肌表面からのアプローチではなく肌内部に刺激を与えることで、肌内部からふっくらとしたハリのある肌やむくみやたるみに効果を期待できるようになります。

美容鍼灸には種類がある?

美容鍼灸には、お灸・鍼・電流刺激を与える鍼とあります。鍼を刺すだけでも、刺激により十分な刺激を与えることは出来ますが、電気を流す鍼は、短時間でより効果を得られます。電流による鍼は、必ずしもどのクリニックやサロンでも施しているわけではないので、クリニックを選ぶ際は事前に問い合わせてみるといいと思います。

電流による刺激は、電気の周波数、量を調整し体調や部位に応じた適切な刺激を与え、血行促進や筋肉緩和の効果が期待出来ます。ですが、顔面神経麻痺に対する顔への刺激は推奨されていないので、受診前には必ず専門医にご相談ください。

体への美容効果

美容鍼灸といっても、お顔ばかりではありません。美容鍼灸の効果をより引き出すのは体全体の治療も必要です。美容を気にされる方の中には、お顔だけに気をとられがちですが、体そのものが血行不良や冷え性や肩こりなどがあれば、鍼灸による内面からアプローチをかける美しさの効果も半減してしまいます。

顔だけではなく体全体のツボを刺激することにより、冷え性・肩こり・生理不順・不眠・むくみ・眼精疲労・ホルモンバランス・バストアップなど様々な効果を期待できます。

顔への美容効果

美容鍼灸による美容効果は、小顔効果・リフトアップ・シミ・シワ・たるみ解消などエイジングにとても効果を期待できます。

老けて見えるほうれい線のリフトアップ

肌内部のコラーゲン・エラスチンなどの減少により肌にたるみができ頬が下がり鼻横から口横に入るタテシワのほうれい線。女性で悩む方も多く、老けて見えてしまいます。また年齢に関係なくパソコンやスマホなど姿勢が猫背の方にも多くみられます。この天敵ほうれい線も鍼による刺激で頬の老廃物を流し、リフトアップの効果を期待できます。

誰もがなりたい小顔効果

小顔の女性に憧れる方も多く、マッサージや骨気などもやってる方もいると思います。美容鍼灸では、お顔の老廃物が溜まることで起こる顔のこわばりや、血行不良や筋肉にアプローチをかけます。顔に老廃物が溜っていると、顔のツボ押しやマッサージをしても痛いと思います。だからといって放置すると、老廃物も溜まりフェイスラインもスッキリせず、むくんでしまいます。鍼灸により、老廃物を流しツボを刺激し、また鍼がもたらす刺激によりエラスチンやコラーゲンなどの生成によりむくみのない、フェイスラインが整った小顔へと導きます。

肌にできたら気が滅入るニキビ

思春期ニキビ、大人ニキビ、白ニキビ、赤ニキビと色んな種類があるニキビ。ニキビ用のアクネケアのスキンケアシリーズもたくさん出ています。ニキビは、ホルモンバランスの乱れや、毛穴の詰まりからなるニキビや、乾燥が原因でなるニキビまで原因は様々。美容鍼灸によるニキビへの効果は、血流促進させ解毒作用を促し、ニキビのできにくい体質改善を図ります。

老化は防ぎたいアンチエイジング

年齢を重ねるとスキンケアでも、エイジングラインを使い始めます。若い20代の時とは肌も変わりハリ不足、たるみ、くすみと顔全体との悩みと変わってきます。エイジングを意識する方の美容鍼灸の期待できる効果は、やはりハリアップ、リフトアップと言えます。鍼の刺激により、細胞の修復しようとする自然治癒力が働き、ハリ肌には欠かせないエラスチンや弾力のある肌を作るコラーゲンが生成促進され、弾力のあるハリが復活します。

なまた、同時にくすみは血流促進効果により改善されメイクのりが良くなり、ツヤのある肌へと導きます。

美容鍼灸の継続時間は?

様々な効果をもたらす美容鍼灸。では1度施術を受ければ、永久に効果があるかというとそうではありません。スキンケア同様、継続的に施術を受けていくことをオススメします。1度の施術で効果を実感できるかは、やはり個人差もありますが1度施術をしてもらいリフトアップ効果を感じる方やメイクのりが全然違うなどの声も多くあります。ほうれい線などに悩まれている方は、継続的な施術を受けることで、目立たなくなっていきます。

一般的には、施術後2週間程の効果が持続する言われています。2週間といっても、生活習慣やストレスや悩みの症状にもよりますので、あくまで目安の期間といえるでしょう。

デメリットはあるの?

美容鍼灸は世界保健機関(WHO)に認められています。負担も少なく安心して受けれる治療で注目されています。ですが、デメリットという点では、内出血を起こす可能性があるという事は理解しておくといいと思います。通常は、鍼が入ると血管が避けますが血流が滞り弾力性が低下している場合などは、鍼を避けれず出血し内出血になってしまう場合があります。ですが、内出血は1〜2週間程度、はやければ3日程度で自然に消えます。

エステ以上整形未満の美容鍼灸の効果

私たちが普段行うスキンケアやマッサージは肌表面でのケアであり、真皮まで届くほどのケアはできません。エステで専門家によるお手入れを施されていても肌内部から細胞に働きかけエラスチンやコラーゲンを瞬時に生成促進させるなんてことは難しいものです。色んなメーカーやブランドが、皮膚科学をもとにあらゆる研究のもと開発される化粧品でさえ、施術を受けた途端に細胞が活性化するというのは聞いたことがありません。整形のように肌にメスを入れるわけではない美容鍼灸は、世界で認められた負担の少ない美容法の1つといえます。フェイシャルエステを受けるのと同じように、定期的にケアに行くことで肌内部から改善され、体全体のケアもできるので美容鍼灸を取り入れてみてはいかがでしょう。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here