毛穴が目立ついちご鼻の原因と治し方とは?

0
123

鼻のぶつぶつ。鏡を見るたびに気になってしまいますよね。いわゆるいちご鼻と呼ばれるその鼻、何をやっても女優さんのようなツルっとした鼻にはなれないと諦めていませんか?

いちご鼻は一生治らないのは真っ赤な嘘!

原因と正しい治し方を知れば、今からでもキレイな鼻を手に入れることは十分可能です。

もしかすると、あなたが良かれと思って実践している対処法は状態を悪化させてしまっているだけかもしれません。

 

どうしていちご鼻になるの?その原因を解明!

なぜ、いちご鼻になるのか?その原因について調べた事はありますか?

いちご鼻を治すためには、まず原因を知ることが重要です。原因が分かれば適切な改善策も見えてくるので、いちご鼻を治す近道にも繋がります。

 

11.いちご鼻を象徴するぶつぶつその正体は?

いちご鼻と呼ばれるのは、鼻のぶつぶつがいちごの粒々のように見えるからですよね。では、鼻のぶつぶつの正体はいったい何なのでしょう?

ズバリその答えは「角栓」です。角栓とは毛穴の中にできる老廃物の塊で、古い角質や皮脂、外部のホコリなどが混ざったもののことを言います。毛穴の中で角栓が詰まり酸化することで、あの黒いぶつぶつができる、というわけです。

この時点で、角栓なんて無ければ良いのにと思うかもしれませんが、角栓には外部からの細菌などから守る役割もあるので決して邪険にはできません。要は角栓を取り除くというよりも、いちご鼻にならないよう角栓と上手に付き合っていく方法を見つけることがポイントとなります。

 

12.なぜ鼻にできやすいのか?

そもそも毛穴は鼻だけでなく、体中いたる所にあります。しかし、腕や足などにはいちご鼻のようにぶつぶつは出来ませんよね。その理由は、他の部位に比べて鼻は毛穴の数が多く、皮脂の分泌が盛んだからです。皮脂の分泌が多ければ必然的に、皮脂が酸化する確率も高くなりますよね。

つまり鼻は「毛穴が多い+皮脂分泌が多い=皮脂が酸化しやすい」という悪条件が揃う部位のため、他部位ではあまり見られない黒いぶつぶつが出来やすい、ということです。

 

13.いちご鼻になりやすい人はこんな人!NG行動をチェック

「女優さんやモデルさんの鼻があんなにキレイなのは毛穴の数が少ないから?」こんな疑問を抱くのも当然です。しかし毛穴の数には性別・年齢などの差はあまりなく、みんなほぼ同じと言われています。

ちなみにその数は約20万個!毛穴の数は個人差がないと言われているのに、鼻のぶつぶつが目立つ人と目立たない人がいるのは何故なのでしょう?

実は、いちご鼻になりやすい人はこんな習慣・癖を抱えています。

13回以上洗顔している

・洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使っている

・角栓をピンセットや毛抜きなどで無理やり抜いている

・毛穴パックを愛用している

・鼻をこすったり触る癖がある

・化粧下地やファンデーションの厚塗りをしている

・食生活や生活習慣が乱れている

・常に鼻がテカテカしている

もし1つでも当てはまる項目がある方は注意が必要です。要は、いちご鼻を気にし過ぎて過剰なケアをしている人ほど重症化しやすいので、治すためには適切な対処がポイントとなります。

では、その適切な対処とは何なのか?続いて紹介するので、是非参考にしてみてください。

 

いちご鼻の治し方

「今までいろいろなことを試してきたけど、鼻のぶつぶつが無くなることはなかった」「前よりも良くなったという気すらしたことが無い」という方は少なくないはずです。そもそもいちご鼻は治るのかという疑問すら抱いてしまいがちですが、正しい対処を取れば治すことは十分可能です。

今、いちご鼻に悩んでいるあなたも女優さんのような鼻に近づくことができます。

 

21.ターンオーバーを正常にする

皆さんは「肌のターンオーバー」という言葉を知っていますか?肌の新陳代謝のことを言い、通常28日周期で古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わります。ちなみに垢やフケなどはターンオーバーで剥がれ落ちた角質のことを言います。

ターンオーバーはストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどによって遅れることがあります。ターンオーバーが遅れれば、角質は剥がれ落ちずそのまま残ってしまい硬化します。そして硬化した角質は酸化し、いちご鼻の原因になるというわけです。

つまりターンオーバーを正常にすることで、古い角質は残らず新しい皮膚へと生まれ変わることができます。

そしてそのためには、

・生活習慣と食生活の見直し

・徹底した保湿ケア

・刺激を与えないよう過剰に肌に触れない

この3つが重要となるのです。

 

22.正しい方法で洗顔する

鼻のぶつぶつが気になり、何度も強くこすっている方も少なくないでしょう。しかし、その洗顔方法ではかえって状態を悪化させてしまいます。いちご鼻を改善するためにはゴシゴシ洗うのではなく、泡で優しく洗うのが1番効果的です。

洗顔のポイントは、

・洗顔料を使うのは夜のみ

・朝の洗顔はぬるま湯のみ

・指の腹を使って優しく丁寧に洗う

・同じところを何度もこすらない

・熱過ぎるお湯で洗うのはNG

など、とにかく刺激を与えないことが重要です。

使用する洗顔料は、毛穴に溜まっている角栓の70%が古い角質(たんぱく質)になるので、たんぱく質分解の作用を持つ酸素系や弱アルカリ性のものが効果的です。また週に1回ピーリング洗顔を行うことで、保湿成分が肌の奥まで届き、効率よくいちご鼻を改善することができます。

 

23.保湿ケアを徹底する

保湿ケアをする理由は主に3つあります。

・ターンオーバーの改善

・肌や毛穴が柔らかくなり角栓の詰まりを防ぐ

・肌の乾燥を防ぎ皮脂の過剰分泌を抑えられる

いちご鼻を改善するためにも保湿ケアは必須です。洗顔後は保湿成分として有名なセラミドやヒアルロン酸配合の化粧水や乳液などでしっかり保湿するようにしましょう。またその際にも、肌に刺激を与えないよう、優しくケアすることが重要となります。

 

誰だっていちご鼻を改善することはできる!

・鼻のぶつぶつの正体は「角栓」

・角栓は古い角質や皮脂、外部のホコリなどが混ざったもの

・いちご鼻を気にし過ぎての過剰ケアは逆効果

・ターンオーバーを正常に戻すために食生活や生活習慣を見直す

・優しく丁寧な洗顔と保湿ケアを心がける

いちご鼻を改善するために高価な化粧品や面倒なケアは一切不要です。少しだけ意識を高く持つだけで今まで改善できなかったいちご鼻は少しずつ良くなるでしょう。

鼻のぶつぶつが気になり、ファンデーションを厚く塗っていた方も、今日からは角栓が詰まらないように薄手のメイクを心がけてみてはいかがですか?そんなところから、いちご鼻は改善することができます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here