手の甲にできるシミの原因は!?効果的な取り方をご紹介します!

0
206

お顔と同じように、手の甲もシミができやすいパーツ。
手の甲にできたシミは、突然現れたり、イボに変化してしまうこともあるため、早めの改善がポイントとなります。

ここでは、手の甲にできてしまったシミの意外な原因、効果的な取り方や改善方法について、情報をたっぷりとご紹介していきます!

 

手の甲にシミができるのはなぜ!?原因が知りたい!

いつのまにかできていたり、手を何気なく見ているときに突然シミとなってあわられる現象…。
ココロもイヤな気持ちになってしまう手の甲のシミは、どうしてできてしまうのでしょうか?

ここで、原因を知っていきましょう!

 

日焼け止めを塗らないことによるもの

手の甲は、お顔と同じように紫外線をダイレクトに受けやすいパーツでもあります。

毎日の紫外線対策に活用される日焼け止めは、お顔やボディに使われることが多く、手の甲のケアには使わないこともめずらしくはありません。

手の甲に日焼け止めを塗っていても、洗うことが多いパーツでもあるため、十分な紫外線ケアができず、日焼けからそのままシミとなって残ることへとつながってしまうのです。

 

怪我による傷跡がシミに…。

手の甲をはじめ、手全体はライフスタイルの中で多く使うパーツでもあります。

家事やお仕事をしていると、いつの間にか手の甲に傷ができてしまうことも多くあり、早めのケアをしないことで、炎症となり、色素沈着やシミとなって残ってしまうのです。

 

手は老化が早いため

手は、お顔よりも10年も早く老化してしまうパーツといわれています。
老化が進んでしまう分、お肌機能が低下し、栄養を吸収できなくなることから、手の甲にシミができやすくなってしまうのです。

 

手の甲のシミを消すためにはこんな方法がある!

できてしまった手の甲のシミでも、適切なケアをしたり、消す方法を習慣にして身につけていると、徐々に消えていく効果を実感することができます。

ここで、手の甲のシミを消すいろいろな方法をレクチャーしていきますね。

 

クリームでのケア

手の甲にできてしまったシミをなるべく早く消すためには、クリームでのケアも基本のステップとなります。

お肌に使うクリームを活用し、プラセンタやビタミンC誘導体、アルブチンなどの美白効果が高い成分が配合された商品で、手をこまめにケアしましょう。

手の甲を清潔な状態に整え、美白成分が配合されたクリームを取って適度に温めて塗ると、浸透度がアップしてシミを徐々に消していくことができます。

専用ジェルでのシミケア

手の甲にできたシミに特化した専用ジェルは、豊富なラインナップがあり、ネットでも市販でも手軽に購入ができます。

専用ジェルには、手の甲のシミに効果的な美白成分、乾燥を防ぎ弾力を与える成分、イボの予防に有効な成分などが贅沢に配合されています。

手の甲にできたシミは、摩擦や刺激によって膨らみ、そのままイボとなって残ってしまう性質を持ちます。

専用ジェルで毎日のケアを習慣にしていると、イボが取れたり、シミが徐々に薄くなって消えていく効果が期待できます。

 

手の甲にできたシミを即効で消すのはレーザー治療!

多くの美容外科、皮膚科などでは手の甲にできたシミをレーザー治療という方法でスピーディーに消す施術が展開されています。

レーザー治療は、セルフでのシミケアよりも即効性があり、手軽でカンタンに行えるメリットがあります。

レーザー治療を行ったあとの皮膚の腫れや赤みが徐々にもとのお肌状態に戻っていく、ダウンタイムというものがないため、すぐに日常生活をいつもどおりに送ることができます。

レーザー治療を行うと、本来の皮膚の弾力を蘇らせたり、意外に目立つ手の甲の産毛が減ったり、シミがクリアになっているなど、たくさんのメリットを実感することができます。

 

手の甲のシミを予防!ライフスタイルでできることとは?

前項でご紹介したような手の甲にできたシミの対策で、シミが消えても、気を配っていないとまた同じことを繰り返してしまう恐れがあります。

手の甲のシミが消え、その美肌をずっとキープできるよう、ここではライフスタイルでできる予防法を知っていきましょう。

スプレータイプの日焼け止めを使おう

スプレータイプの日焼け止めは、手の甲にサッとスプレーするだけでカンタンに紫外線対策が完了になります。

手にとって使う日焼け止めでは手間やベタつきが気になるところ。

いつもの日焼け止めをスプレータイプにシフトして手の甲に使うと、粒子が細かいことから浸透がスムーズになり、長時間の日焼け止め効果を持続できるようになります。

アームカバーを活用しよう!

これからできる手の甲のシミを徹底的に予防するためには、アームカバーがオススメです。
商品によってはUVカット加工がされているものも多くあるため、ファッションにもあわせやすい逸品で楽しみながら予防の対策をはじめていきましょう。

 

界面活性剤が含まれていない洗剤を使おう!

シャンプーや食器洗い洗剤、洗濯洗剤には、手肌の荒れを誘発してしまう界面活性剤が多く含まれています。

手肌の荒れは、そのまま手の甲のシミとなってしまうこともあるため、洗剤類をチョイスするときには、配合されている添加物にも気を配ってみましょう。

デリケートな肌質でも安心して使える、といったキャッチフレーズが商品に記載されている洗剤類は、手肌に負担をかけず、シミを予防しながら安心・安全に使用することができます。

 

最後に

ときに手が汚れてしまったように見える甲のシミ…。

消すための方法はUVケア・ライフスタイルでの過ごし方にポイントがあるんですね。
年齢が出やすい手を若々しく変えていくために、今日からさっそく対策を取ってくださいね!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here