FPの主な仕事3業務とは?

FPは資産運用のプロとして幅広い分野で活躍しています。
これからFPを目指す方のために、ここではFPの主な3つの仕事について詳しく紹介していきます。
FPの主な仕事は、相談、執筆、そして講演の3つです。
「相談」はFPが行う業務の大半を占める仕事です。
ライフプランニングや資産運用、相続、保険、そして不動産などお金に関する相談にのるのが一番の仕事と言っても過言ではありません。
一般家庭の資産に関する相談から、富裕層や企業からの依頼で相談業務まで幅広く活躍しています。
「執筆」とは、FPとして雑誌や新聞に自分の書いた文章が掲載されることです。
FPとして幅広く活躍している場合は、自身の本を出版することだってあり得ます。
読者から共感を得たり、お金についての悩みの参考になったと感じてもらえれば、FPとしてやりがいを感じることでしょう。
自分が書いた文章を読み、実際に読者から相談を受ける場合もあるのです。
そして最後に「講演」です。さまざまな場所でFPとして講演を行うことで、
今まで自分が培ってきた知識を多くの方々に聞いてもらえるという醍醐味があります。
自分が伝えたい事を、多くの方を前に直接話すことができるのはFPだからこそではないでしょうか。
また、FP資格スクールや専門学校の講師や、社会に出たばかりのFP研修講師といった講師業務も講演業務の1つと考えて良いでしょう。
そんなFPの主な仕事3つの内、どの業務を中心に行っていくかは、人によって異なります。
どんなスタイルでFPとして活動していくかは、経験を積みながら明確になっていくのではないでしょうか。
最初から相談業務に徹する、講演業務に徹すると決められる人は殆どいません。
活動していく中でFPとしてどのような方向性に向かうのか自然と決まっていくのではないでしょうか。