FPとして社会的立場を得るための資格試験『2級FP技能検定』

銀行や信用金庫、証券会社や保険会社で活躍しているFPを一般的に企業内FPと言います。
銀行や証券会社へ行くと、必ず窓口があって、それぞれの要件に対して専門の担当者が対応してくれると思います。
口座開設を始めとした一般的な業務については特に担当者はいないと思いますが、
融資の相談には融資の担当者が対応してくれるのと同じで、資産運用に関する相談には、必ずFP資格を有する方が担当しています。
資産の設計、運用、管理に関する相談業務やコンサルティング業務がFPの仕事になるのです。
しっかりと勉強をし、FP2級以上の資格を有していれば、必ずその知識を生かした仕事ができるでしょうし、
将来の自分を見据えたキャリアアップにも繋がります。
そして、2級以上のFP資格を取得すれば、企業内FPとしてだけではなく、自分自身でFP事務所を開設することができます。
自分で起業した場合には企業内FPとは呼ばす、独立系FPと言われています。
資産運用の相談業務を主に行なったり、保険代理店として独立する事もできます。
中にはセミナーの講師を依頼されたり、経済系の雑誌への執筆依頼がある場合もあるので、キャリアアップには最適な資格だと言えるでしょう。
もちろん、資格を取得するだけで直ぐに活躍の場が広がるとは言えません。
保険会社の場合には、保険を通したライフプランの相談が主になるでしょうし、
不動産会社の場合には資産運用だけでなく、不動産関連の知識が必要になります。
企業内FPを目指す方は、一般業務に加え、FP資格を活かしながら活動していくことで幅広い活躍の場が生まれるのではないかと思います。