FPの主な仕事3業務とは?

FPは資産運用のプロとして幅広い分野で活躍しています。
これからFPを目指す方のために、ここではFPの主な3つの仕事について詳しく紹介していきます。
FPの主な仕事は、相談、執筆、そして講演の3つです。
「相談」はFPが行う業務の大半を占める仕事です。
ライフプランニングや資産運用、相続、保険、そして不動産などお金に関する相談にのるのが一番の仕事と言っても過言ではありません。
一般家庭の資産に関する相談から、富裕層や企業からの依頼で相談業務まで幅広く活躍しています。
「執筆」とは、FPとして雑誌や新聞に自分の書いた文章が掲載されることです。
FPとして幅広く活躍している場合は、自身の本を出版することだってあり得ます。
読者から共感を得たり、お金についての悩みの参考になったと感じてもらえれば、FPとしてやりがいを感じることでしょう。
自分が書いた文章を読み、実際に読者から相談を受ける場合もあるのです。
そして最後に「講演」です。さまざまな場所でFPとして講演を行うことで、
今まで自分が培ってきた知識を多くの方々に聞いてもらえるという醍醐味があります。
自分が伝えたい事を、多くの方を前に直接話すことができるのはFPだからこそではないでしょうか。
また、FP資格スクールや専門学校の講師や、社会に出たばかりのFP研修講師といった講師業務も講演業務の1つと考えて良いでしょう。
そんなFPの主な仕事3つの内、どの業務を中心に行っていくかは、人によって異なります。
どんなスタイルでFPとして活動していくかは、経験を積みながら明確になっていくのではないでしょうか。
最初から相談業務に徹する、講演業務に徹すると決められる人は殆どいません。
活動していく中でFPとしてどのような方向性に向かうのか自然と決まっていくのではないでしょうか。

日常生活でも生かす事のできるFP資格

FP資格は仕事だけでなく、日常生活においても役立てることができます。
資産をどう運用していくか、どんな保険に入ると良いのかなど、ご家庭の「お金」に関する知識を習得することができるからです。
そのため、仕事ではなく、自身の生活で役立つ資格として主婦や学生の方がFP3級を取得するケースが増えてきました。
仕事として生かすのでなければ、一番簡単で合格率が高いと言われている3級で十分。
夫が定年退職した後の退職金の運用方法や、老後の生活についてもFP資格があるとスムーズに事が運ぶでしょう。
また、FP資格を取得していた主婦が就職するにあたり、資格を活かせる会社にスムーズに入社できたなんて話しも耳にします。
FP資格の活かし方は人それぞれですが、上手に活用できれば人生がより楽しいものになるでしょう。
今後人生においてどんな風にその資格が活かせるのかは最初から分かりませんが、
FP資格は取得しておいて無駄になることはないと言えます。
日常生活にも仕事にも活用できる資格の取得を考えていらっしゃる方にFP資格はオススメです。

現在では、税理士や宅建の資格を持っており、それを活かした仕事をされている方にもFP資格が選ばれています。
税理士や不動産仲介業を行っている方にとって、FPの専門知識は顧客に対する信用力が高まるからです。
今行っている仕事において、FP知識が必要と感じたら、1級、2級と難易度の高いものでなく、
誰でも受験する事のできる3級の資格を取得し、資産運用の基本的な知識を得るのも良いのではないかと思います。

FPとして社会的立場を得るための資格試験『2級FP技能検定』

銀行や信用金庫、証券会社や保険会社で活躍しているFPを一般的に企業内FPと言います。
銀行や証券会社へ行くと、必ず窓口があって、それぞれの要件に対して専門の担当者が対応してくれると思います。
口座開設を始めとした一般的な業務については特に担当者はいないと思いますが、
融資の相談には融資の担当者が対応してくれるのと同じで、資産運用に関する相談には、必ずFP資格を有する方が担当しています。
資産の設計、運用、管理に関する相談業務やコンサルティング業務がFPの仕事になるのです。
しっかりと勉強をし、FP2級以上の資格を有していれば、必ずその知識を生かした仕事ができるでしょうし、
将来の自分を見据えたキャリアアップにも繋がります。
そして、2級以上のFP資格を取得すれば、企業内FPとしてだけではなく、自分自身でFP事務所を開設することができます。
自分で起業した場合には企業内FPとは呼ばす、独立系FPと言われています。
資産運用の相談業務を主に行なったり、保険代理店として独立する事もできます。
中にはセミナーの講師を依頼されたり、経済系の雑誌への執筆依頼がある場合もあるので、キャリアアップには最適な資格だと言えるでしょう。
もちろん、資格を取得するだけで直ぐに活躍の場が広がるとは言えません。
保険会社の場合には、保険を通したライフプランの相談が主になるでしょうし、
不動産会社の場合には資産運用だけでなく、不動産関連の知識が必要になります。
企業内FPを目指す方は、一般業務に加え、FP資格を活かしながら活動していくことで幅広い活躍の場が生まれるのではないかと思います。

3級FP技能検定合格後の就職・転職の実状とは

FP資格は試験の難易度によって、その後活躍できる幅に違いがあります。
その中で誰でも受験することができるのが3級FP技能検定です。
受検するために特別な資格や経験が必要になるものではないので、力試しに受験される方もいらっしゃるようです。
では、3級FPの資格を取得することで可能なお仕事の内容について紹介していきます。
まずは銀行や証券会社、保険会社などお金を管理、取り扱う会社で活躍することができます。
FPは資産運用のプロとして扱われるため、銀行の営業マンでFP資格を有している方が増えてきているようです。
ただ、やはり誰も受検する事ができて比較的難易度の低い3級ではまだまだ一人前のFPとして扱ってもらえるとは言えません。
3級を取得したからといって就職に有利かといえばそうとも言い切れないのが実状のようです。
では、就職、転職を有利にするにはどうしたら良いか・・・それはやはり検定試験の難易度が高い2級や1級を取得する事なのだと思います。
FPとして活躍するには最低限2級の資格を持っていないと厳しいようです。
2級FP技能検定を受験するためには、3級FP技能検定に合格している事が条件となります。(※他にも条件がありいずれかに当てはまっていればOKです)
一人前のファイナンシャルプランナーとして社会的立場を得るために、
そして就職や転職をスムーズにするためにも3級取得後は2級に挑戦してみては如何でしょうか。
もし、更なるステップアップを望まれる場合には、FP最高峰の資格である1級取得に向けて頑張ってみましょう!