3級FP技能検定合格後の就職・転職の実状とは

FP資格は試験の難易度によって、その後活躍できる幅に違いがあります。
その中で誰でも受験することができるのが3級FP技能検定です。
受検するために特別な資格や経験が必要になるものではないので、力試しに受験される方もいらっしゃるようです。
では、3級FPの資格を取得することで可能なお仕事の内容について紹介していきます。
まずは銀行や証券会社、保険会社などお金を管理、取り扱う会社で活躍することができます。
FPは資産運用のプロとして扱われるため、銀行の営業マンでFP資格を有している方が増えてきているようです。
ただ、やはり誰も受検する事ができて比較的難易度の低い3級ではまだまだ一人前のFPとして扱ってもらえるとは言えません。
3級を取得したからといって就職に有利かといえばそうとも言い切れないのが実状のようです。
では、就職、転職を有利にするにはどうしたら良いか・・・それはやはり検定試験の難易度が高い2級や1級を取得する事なのだと思います。
FPとして活躍するには最低限2級の資格を持っていないと厳しいようです。
2級FP技能検定を受験するためには、3級FP技能検定に合格している事が条件となります。(※他にも条件がありいずれかに当てはまっていればOKです)
一人前のファイナンシャルプランナーとして社会的立場を得るために、
そして就職や転職をスムーズにするためにも3級取得後は2級に挑戦してみては如何でしょうか。
もし、更なるステップアップを望まれる場合には、FP最高峰の資格である1級取得に向けて頑張ってみましょう!