FPとして活躍できる様々な職場

資産運用のプロとして様々な場所で活躍しているFPにはたくさんの求人があるのを知っていますか?
まずは銀行。個人向けリスク商品のコンサルティングセールス業務を行ったり、
住宅ローン関連の提案や総合的な資産運用の提案をお客様に対して行う資産運用コンサルタントとして活躍することができます。
そして良く見かける求人情報が保険会社のものです。
法人や企業向けの保険を提案するといった業務を行う企業福利厚生プランナーだったり、
個人向けの資産運用型保険を提案するなど、プロのFPとして活躍することができます。
このように、企業に勤務するFPを企業系FPと言います。
企業系FPは、銀行をはじめ、証券会社、保険会社、ハウスメーカーなどに所属し、資産運用に関する業務を担当し活躍しています。
学歴よりも資格が就職に有利となる時代であるからこそ、FPの資格を有することで様々な場所で活躍する事ができるのだと思います。
特に女性は結婚、出産により休職、または退職される方が多く、子育てが一段落した後の就職が困難だと言われています。
しかし、FPの資格を持っていれば、再就職がスムーズにできるため、男性だけでなく女性にも人気の資格なのです。
もちろん、資格だけを持っていれば良いというわけではありません。
FPとして様々な場所で活躍するには、年金、保険、税金、不動産、相続など、お金に関する多くの知識が必要です。
資産運用のプロとして幅広い知識を得るには、やはり専門学校や資格スクールで学ぶべきなのだと思います。
そして日頃から経済新聞やインターネットを利用して多くの知識をインプットする事もプロのFPには必要な事なのだと思います。

FP試験の独学対策帳とは?